中央進学塾 高松~少人数で細やかな指導~

小学56年・中学生・高校生 少人数塾指導・個別指導・マンツーマン指導 開校34年 信頼と実績の中央進学塾

TEL.087-866-7592
〒760-0080 高松市木太町5061-8
よくあるご質問
 体験学習はできますか?  申し訳ありませんができません。普段と違うことがあれば、どうしても生徒の気が散ります。そのため、他の生徒の勉強の妨げになります。新しく生徒を増やすよりも、今いる塾生を大事にするというのが中央進学塾のポリシーなので、体験授業、授業見学ともにお断りさせて頂いています。ご了承ください。 また、授業には入会して後悔させることのない自信もあります。 なお、個別授業やマンツーマン授業の場合、講師または他の生徒と合わない場合、変更可能です。 また、入会後1か月未満で退会される場合は授業料も受講分だけ頂き、入会金は返金致します。    月謝以外に必要な費用はありますか?  新規入塾の場合は入会金として8500円頂き、それを雑費に充てますので、教室維持費とかテスト代プリント代などは一切不要です。 追加で必要な費用は、小学6年生は社会理科のテキスト代(年間2400円)、中学生は英語テキスト代(年間1200円~1600円)、中学生の個別クラスは数学のテキスト代(年間1200円~1700円)、高校生の英語集団授業は英語テキスト代(3年で2000円)です。また、夏期講習や冬期講習の代金、中学3年生の夏期講習の理科のテキスト代も別途必要ですが、これらはいずれも希望者のみです。    月謝の割引制度はありますか?  兄弟が塾生である場合は入会金の8500円が無料となります。保護者の方が過去の塾生であった場合は入会金が4000円になります。  いつ入会したらよいのでしょうか?  定員に空きがある場合は随時入会可能です。電話・メールでお問い合わせください。入塾が決まっていて話が簡単な時は電話で大丈夫です。複雑な希望がある場合は授業中の場合十分な対応が出来かねますので、問い合わせフォームからメールでご連絡ください。 なお、月の途中で入会した場合、月謝は日割計算致します。    中学生ですが、塾を変えようと思っています。効果が上がるでしょうか?  途中入塾でも勿論大丈夫です。近年は、中学に入り、他の塾に行っていたり家庭教師をつけていたりしたが、成績が上がらず、評判を聞いて中学の途中から入会してくる方が増えています。 成績に関してはすぐに成果が出ることが多いです。入会後初めての定期テストで過去最高順位かそれに近い成績を取る生徒が多くいます。 勿論、生徒の能力や勉強に対する姿勢が大きいので、すべての生徒の成績が必ず上がるということではありませんが、上がる率は高いと思います。 以下は平成30年度の途中入会の生徒のうち、成績が大きく上がった生徒の入会前のテスト順位と学年末テストの順位です。 11番→3番 125番→25番 93番→29番 147番→81番  欠席時の振り替えはありますか?  塾科の場合、原則振り替えはありません。 いつでも振り替え可能にすれば、安易に休む生徒がいて、他の生徒の授業に悪影響を与えるためです。高松高校に進学する生徒や高松高校生は欠席率が非常に少ないです。また、将来的に欠席が少ない生徒が伸びます。 ただ、休んでも、次の授業時に前回の授業の復習をしたりして、お子様の学習に支障がないようにはします。 また、病気などで連続して数回欠席されて学習に支障を及ぼす場合や中学3年の二学期以降の大事な時期とかは振り替え授業を致します。ケースによって対応します。 完全個別授業科、マンツーマン授業科は甚だしく欠席をしない場合は振り替えを致します。    クラス分けをしているそうですが、どういうふうにしてクラス分けをしていますか?  数学は大人数では一人一人が理解出来るように教えることは難しいです。そのためにクラスを分けて少人数にしていますが、少人数でも生徒によって差があれば授業効率は著しく下がるので、より効率的な授業が出来るように同程度のレベルの生徒でクラス分けをしています。 クラスは希望でなく、塾で決めます。基準は、数学の点、5科の合計点、数学の授業中の理解の速さと問題を解くスピードなどです。ケースによっては生徒と相談の上決めることもあります。 なお、主に数学の出来でクラス分けをしているので、クラスがそのまま順位順という訳ではありません。 Bクラスの生徒の方がAクラスの生徒より、学校の順位が上というケースはよくあります。 数学が苦手な女子生徒でBクラスから高松高校に進学した生徒もいます。    附属中学ですが、誠陵中学ですが、入塾出来ますか?  附属中学、県立北中学ともに、他の中学とは多少授業内容が異なりますので、塾科では受講出来ませんが、完全個別授業科・マンツーマン科は受講可能です。他の塾に通われていて、個別授業科で苦手科目だけを補習する附属中学の生徒はよくいます。  誠陵中学の場合は、あまりにカリキュラムが違うため、申し訳ありませんが受講出来ません。誠陵高校の場合も誠陵中学から持ち上がりの生徒の受講は出来ません。高校から誠陵高校に入った生徒は受講出来ます。   Q 英語・数学の授業だけと聞きましたが、どうしてでしょうか? A 中学1年、2年の通常授業は英語・数学を主としています。それは、当塾の目標が大学受験のためです。「中学の時は出来ていたのに高校に入って出来なくなった」という話をよく聞きますが、高校に入ると英語・数学の比重が大きくなります。5科目を教えた場合、点の取りやすい社会・理科が出来るようになり、英語・数学が疎かになる傾向があります。また、Aクラスの数学やABクラスの英語は近々のテストで点を取らすための学習ではなく、高校に入ってからも伸びるよう、高校で大事になるところを重点的に指導したりもします。 ただ、国語・社会・理科もまったく教えないわけではありません。通常授業時でも時間の余裕があれば、社会や理科を教える時がありますし、塾科はテスト前には社会・理科の授業を1回ずつ無料で致します。また、テスト前日の授業は英語・数学は出来ている生徒が多いので、むしろ国語・社会・理科を重点的に教えます。他にも中1や中2の夏期講習や冬期講習では国語・社会・理科を教えます。 また、中学3年の夏からは、先のことよりもまずは高校受験が大事になるので、5科目を教えます。そうすれば、社会や理科は短期間で出来るようになるので、中学3年の二学期期末テストで今までで最高の順位を取る生徒もよくいます。    小学3年生の子供がいますが、受講できますか?  A 受講出来るのは小学5年の11月からです。中学生・高校生向けの塾なので、小学校の低学年まで手が回らないためです。ただ、私見ですが、都会の場合、幼児時期から「お受験」のために塾に通い、小学校・中学校は「交流の場」で、勉強は塾でするということをテレビでよく見かけたりしますが、高松の場合は、ほとんどが公立高校に進学するので、都会と同じ方法を取ろうとしても難しいです。だからといって、早期教育を否定するわけではありません。計算技能や英語の発音などは幼児期から学んだ方が効果的だと思います。ただ、国語や算数のような学校の科目を習うよりも、本を読んだり、いろいろな体験をしたりして、いろいろな知識を身に付けた方が将来的には学習面に関しても伸びる下地が形成されると思います。